「音声プロフィール」で、自分の声をAlexaに覚えさせよう

Alexaには、話しかけた人の声を識別するための「音声プロフィール」という機能があります。

この機能を利用することで、通話やメッセージ送信・音声ショッピングの際の発信元・本人確認ができるようになります。

音声プロフィールのセットアップ方法

セットアップはスマートフォンアプリやwebアプリから行えます。まずアプリの「設定」から「Alexaアカウント」を選びましょう。

「音声の識別」という項目がありますので、これをタップします。すると「音声プロフィール」という項目が出てきますので、これをタップすればOKです。

利用用途の説明と同意を求める画面が表示されます。ここで同意をタップすると、セットアップのガイドが始まります。

注意:周辺のEcho / Alexaデバイスはミュートしよう

ここからは1台のEchoデバイスを利用して、自分の声を記録させる作業に入ります。ここで複数のデバイスを持っている方は、記録に利用するデバイス以外を全てミュートモードにしましょう。

記録のために発話する内容に「Alexa / Echo / Computer / Amazon」といったワードが含まれます。そのため他のデバイスが意図しない動作を行う恐れがありますので、必ずミュートしましょう。

記録作業自体はSiriのセットアップのように「こう話しかけてください」と言われた内容を10種類ほど話しかけるようなイメージです。

記録が終わると、プロフィールが追加されます。これは新しく記録し直すことや、削除も可能です。

音声注文するなら必ずプロフィールを設定しよう!

子どもや来訪者が意図しない形で商品の注文をしてしまう事故が起きる恐れがあります。実際飼っている鳥がAlexaを起動させてしまうというニュースも過去にはありました。

音声プロフィールを登録しておくことで、自分以外が注文できないようにすることができますので、ぜひ設定しましょう!