地震や大雨の時、アレクサが情報を教えてくれるようになる。東京海上日動の「災害情報」スキルが便利だった

関西が久々に大きく揺れました。みなさまご無事でしょうか?うちはネコが尋常じゃなく怯えていて、脱走しないかかなり心配でした。

揺れている最中に状況をアレクサに聞きたい

揺れている最中に思ったことですが、アレクサなら声で「地震の情報教えて!」とか言えばある程度何が起きているか把握できるのじゃないかなと思いました。スマホを開いて状況を確認するというのは、体感だと結構難しそうな気がしましたが、音声アプリならとりあえず叫べば反応を返してくれるだろうと。

ということで検索してみると、ちょうど良いスキルが公開されてました。

東京海上日動保険:災害情報スキル

リリース元が保険会社なのがちょっとびっくりしましたが、説明文を見ていると「都道府県単位で24時間以内に発生した地震情報をご案内」とあり、今回のようなケースですごく使えそうです。

災害情報 – Amazon.co.jp

使い方

「アレクサ、災害情報を開いて」でスキルが起動します。そのあと「XX県の地震を教えて」や「XX府の警報を教えて」と話しかけることで24時間以内に発生した地震情報や発令中の警報について話してくれます。

郵便番号を使った絞り込みにも対応

このスキルを有効化する際、「端末に設定されている国と郵便番号へのアクセス」を求められます。

ここでアクセスを許可すると、「アレクサ、災害情報で地震を教えて」のように地名を省略して情報を聞くことができます。

郵便番号はアレクサアプリから設定しておこう

アレクサアプリの方で、デバイス毎に所在地住所を設定することができます。ここで郵便番号を設定することで、先ほどのスキルのように現在位置をこの郵便番号ベースでスキルに伝えることができます。

買い物や交通情報などのスキルでも活用できる機能ですので、それらのユースケースに興味がある方はぜひ設定しておきましょう。

地震は過去3回分をスキル画面に表示

余震などで複数回揺れている場合、音声では直近のものだけが話されます。残りのものについては、アプリやブラウザから見れるスキルカードの方でまとめて確認することができます。

いざという時用スキルで万が一に備えよう

いざ地震や災害・トラブルが起きてから「あ、これ声で行けたら助かるのに・・・」と思うケースはこれからも出てくるかなと思います。手が使えないケースでも、声ならなんとかという場面は少なくないと思いますので、「いざという時用スキル」がこれから増えていくと生活がより安心できるものになるかもしれませんね。

まだ本震があるかもしれないという噂もありますので、関西にお住いの皆様は十分に注意してお過ごしください。

この記事を書いた人

hideokamoto