Skill Blueprint入門: ルーレットスキルを作ろう

家事の分担や今日やること、ご飯をなににするかなど、ランダムでなにかを決めたい時はいくつかあります。

これまではスキルを使うか、スキルを作るかどちらかでした。しかしBlueprintを使うことで、自分用のルーレットを作ることができます。

AlexaアプリからBlueprint設定画面へ移動する

Alexaアプリのスキル設定画面から、「blueprint」を選択しましょう。

ルーレットを作る

BlueprintはAmazonが提供するテンプレートからスキルを作ります。ルーレットスキルを作る場合は、「ルーレット」を選択しましょう。

詳細画面では、サンプルのやりとりを再生したり、なにができるかを確認したりすることができます。

作りたいものであると確認した上で、「作成する」をクリックしましょう。

コンテンツを追加する

ルーレットの中身を登録していきましょう。ルーレットは複数作ることができますので、カテゴリ名と候補を追加・編集しましょう。

起動設定をする

最後に呼び出し名とルーレット開始前のセリフ、そしてルーレットの効果音を登録しましょう。

セットアップ完了

セットアップが完了すると、数分で自分のアカウントから利用できるようになります。

使いどころ

ルーレットという名前を聞くと、使い所があまりなさそうに見えます。しかし「ランダムになにかを選んでくれる」と考えると、いろんな使い所が見えてきます。

お昼ご飯ルーレット

職場の近くにあるファミレスやファーストフード、よく食べるコンビニ弁当などを登録してみましょう。

ルーレットを使うことで、「今日なに食べよう」と思った時にAlexaにアイディアをもらうということができます。

掃除当番ルーレット

ベタですが、部屋の名前などの掃除するポイントを登録しましょう。家族それぞれでどこを掃除するかを選ぶのもよいですし、「今日はどこの部屋を掃除するかなぁ」と思った時に一人で使うのもよさそうです。

サイコロの旅

どこかのバラエティ番組のように、6種類の候補地を登録して選んでもらうこともできるでしょう。

あの番組では、移動中にフリップを作成していた様子ですが、Blueprintを使う場合は、移動中にスキルを更新すればよさそうです。

[PR] Get Amazon Echo

この記事を書いた人

Alexaをはじめる

買い物やリマインダーなど、基本機能に触れてみよう

Alexaをカスタムしてみる

Blueprintやスキルなど、DIYでAlexaを自分向けにカスタムしてみましょう