#Alexaスキルアワード 2019 ハッカソンにメンター参加してきました

Alexa Developerスキルアワード2019ハッカソン大阪が7/6 – 7で開催されましたので、メンター参加してきました。

実装時のヘルプとかやってました

スキルを作る時にハマる部分は一通りハマった自信があるので、仕様で「それこうした方が実装楽かな」とか「そこはtry ~ catchしないと初回だけハマるよ」とかそういう技術面のヘルプを中心に動いていました。

よくはまるところ

  • 「何秒以内に回答したら得点アップ」は厳密な計算が難しい(レスポンス~発話開始までのラグがでる)
  • S3にデータを保存する場合、まだレコードが無い時にgetするとエラーが投げられる
  • 取りたいパラメーターがhandlerInputのどこにあるかを間違える
  • AWS SDKは.promise() をつけないとasync / await じゃなくてコールバックでの処理になる

せっかくだから、中の人にいろいろ聞いてきた

今回の参加者は比較的コードかける人が多く、定期的に手持ち無沙汰になるときがありました。

で、「せっかくAlexaチームの人が大阪に勢揃いしてるんだし、いろいろ聞いてみよう」ということでジャスティンをはじめ、会場にいたAlexaチームの方にいろいろ聞いてまわってきました。

一部書けない話もありましたが、個人的に感じたことをざっと箇条書きしておきます。気が向いたら深掘りした記事垣ます。

  • シンプルなスキルのほうが使われる率は高い気がする
  • Alexa Conversationsはヤバイ (https://robotstart.info/2019/06/06/alexa-conversations.html )
  • Skill Connection系がGAされたけども、予約系は日本で対応しているところがあまりない
  • 人間の会話だってしょっちゅう間違えるんだから、例外・エラーをネガティブに捉えなくていい
  • ヘルプインテントは会話の流れに応じて喋る内容変えようね
  • Dialogは便利だけど、やりすぎると十中八九終了されるから注意
  • 呼び出されたIntentNameと呼び出された回数・時間は記憶させた方が自然な会話が作れる
  • GameOn SDK面白いよ -> https://developer.amazon.com/ja/blogs/alexa/post/671de3de-0635-4626-9371-e926d7d655d6/skills-gameon-sdk
  • 課金モデルは複数作ってもいいかも。買い切りなら500円、Subscriptionなら50円/月とか

オーディエンス投票1位チーム

みんなげんき

お疲れ様でしたー

[PR] Get Amazon Echo

この記事を書いた人

hideokamoto

Alexaをはじめる

買い物やリマインダーなど、基本機能に触れてみよう

Alexaをカスタムしてみる

Blueprintやスキルなど、DIYでAlexaを自分向けにカスタムしてみましょう