Daily VUX 05: あなたはなにができますか?

あなたのスキルを知ってもらうタイミングについてもう一度考えてみましょう。

😎

初回

ユーザー

Alexa. ○×ナビを開いて

Alexa

○×ナビへようこそ。このスキルでは、○○の情報を調べたり、メールで共有したりすることができます。より詳しい使い方については、「ヘルプ」と話しかけてください。○○の最新情報か用語の検索、どちらをしたいですか?

2回目〜

ユーザー

Alexa. ○×ナビを開いて

Alexa

○×ナビへようこそ。○○の最新情報か用語の検索、どちらをしたいですか?

解説

スキルの使い方を紹介しないと、ユーザーが使い方を知る機会はほとんどありません。ただし定期的に使うスキルであれば、使い方を毎回紹介されるのはとても冗長でストレスになります。

はじめて使う人か、それとも比較的高い頻度で使う人か、はたまた久しぶり使った人か。さまざまなコマンドを持つスキルでは、ユーザーがどれくらいスキルを使っているかについて把握して、パーソナライズされた体験を提供するようにしましょう。

[PR] Get Amazon Echo

この記事を書いた人

hideokamoto

Alexaをはじめる

買い物やリマインダーなど、基本機能に触れてみよう

Alexaをカスタムしてみる

Blueprintやスキルなど、DIYでAlexaを自分向けにカスタムしてみましょう