Alexaアプリを英語で使ってみる

スマホからAlexaのセットアップや設定などにAlexaアプリはとても便利です。

そしてEcho / Alexaでできる内容が、日本語と英語で異なるという話をご存知でしょうか?

今回はAlexaアプリを英語で利用してみることにチャレンジしてみます。

必要なもの

英語でAlexaアプリ・Amazon Echoを利用するには、以下のものが必要です。

amazon.co.jpと同じメールアドレス・パスワードを使うこともできますが、スキル開発時にトラブることになりますのでオススメしません。

参考:Alexa 開発者アカウント作成時のハマりどころ

アプリを起動する

まずはアプリを起動させましょう。

ログイン画面が出ますので、amazon.comのアカウントでログインします。

英語版アプリ画面

実は英語化の設定はこれだけです。ナビゲーションまわりなど、日本語表記のままの箇所も多いですが、Welcomeメッセージなどが英語になっているのがわかります。

英語圏のアプリが使えるように

スキル一覧を見ると、英語圏で公開されているスキルが表示されるようになっています。

住所や電話番号などの関係上利用できるスキルは限られますが、MLBなどのスポーツ速報を聞くなどに使えそうです。

Echoを英語で使う場合は、このアカウントでセットアップを

実際にスキルをデバイスで使う場合は、この英語アカウントでログインしているAlexaアプリからセットアップしてください。

セットアップすることで、先ほどのスクリーンショットにあるようなスキルが使えるようになります。

もちろん日本語でリリースされているスキルを使うことができなくなりますので、要注意です。

amazon.comからスキルをインストールする

amazon.comにはAlexa SkillをDLできるページが用意されています。

ここでインストールすると、同じログイン情報でログインしているAlexaアプリの方でもインストール済みスキルにそのスキルが表示されるようになります。

将来的に有料スキルが出た場合は、amazon上で購入するような手続きになるのかもしれませんね。

日本語と英語での設定項目の違い

日本語と英語で設定項目数を比較してみました。

左側が日本語で、右側が英語のものです。

「通知」「交通情報」「家族プロフィール」の3つが英語版にだけ表示されています。

「通知」では、Amazonで購入した商品の発送通知などがEchoで実施できる様子です。

「交通情報」は事前に指定したルートに関する交通情報を調べてくれる機能のようです。

「家族プロフィール」を使うことで、複数のユーザーでコンテンツや買い物・TODOリストなどにアクセスできるようになるとのことです。

おわりに

まだ日本では使うことが難しそうですが、将来的にこれらの機能が日本でも利用できるようになるのではと思います。

それぞれの機能についてはまだ試していないのですが、使えるようになると痒いところに手がとどきそうな感じがしてとても楽しみです

この記事を書いた人

hideokamoto