Storylineの終了、Alexaスキルデザイン・プロトタイピングサービス”Invocable”としてリスタート

Alexaスキルをノーコーディングで作成できるサービスとして有名なStorylineですが、11月中旬より新しいサービスとしてリスタートすることになりました。

背景

Storylineコミュニティに投稿されたポストによると、「Storylineの課金ユーザーのニーズとクリエイターのニーズに大きな違いがあることが判明し、ビジネスとしてどちらかに集中する必要が発生した」とのことです。

But despite our amazing community of enthusiastic skill creators and the wonderful skills that were created on SL, we realized the needs of our professional users are growing different than the needs of creators. And we had to focus on one direction as a business.
That’s why we’re moving on and launching Invocable.

https://www.facebook.com/groups/storylinecommunity/permalink/290952451544100/

公開済みスキルの扱いについて

すでにStorylineを用いて公開されたスキルについては、永遠に利用が可能であると伝えています。しかし編集などをするには別のプラットフォームへ移動する必要があるとのことです。

Your live skills will be functional forever. If you want to continue editing them, you’ll have to move them off the platform because our product for professionals will be different.

https://www.facebook.com/groups/storylinecommunity/permalink/290952451544100/

Invocableについて

TOPページをみる限り、デザインとプロトタイピングにフォーカスした内容になる様子です。またAPLのビジュアルエディタなども兼ね備えたものになりそうです。

プランが現時点ではProfessionalプラン($99 / month)とEnterprise(Contact us)の2つで、今回は無料プランの用意がありません。トライアル期間が14日ありますので、ワークショップなどで用いたい場合はトライアルとして利用する形になりそうです。

Alt Storylines

無料でスキルの公開を行いたいということであれば、Voice Appsなどを今後は使うことになりそうです。

または15日にプレビュー版が発表された、Alexa-Hosted Skillを使うことになるかもしれません。こちらがGAされることで、ノーコーディングでスキルを作ることができるサービスの勢力図にまた変化が起きる可能性もあります。

[PR] Get Amazon Echo

この記事を書いた人

hideokamoto

Alexaをはじめる

買い物やリマインダーなど、基本機能に触れてみよう

Alexaをカスタムしてみる

Blueprintやスキルなど、DIYでAlexaを自分向けにカスタムしてみましょう