AAJUG Offline #2@JUSO CoworkingでDynamoDBいいぞと言う話をしてきました

ねこの自慢と、ねこ駆動で作っているスキルの話をしてきました。

スライド

https://speakerdeck.com/hideokamoto/alexa-for-cat-2018

当日の反応

全体の反応は、Togetterにまとめを用意したのでそちらをご覧くださいませ。

https://twitter.com/hiro_baila/status/1036580290326487041

https://twitter.com/hiro_baila/status/1036580792049131521

https://twitter.com/hiro_baila/status/1036581235680657408

https://twitter.com/hiro_baila/status/1036582772628844550

https://twitter.com/keikeisuke/status/1036583609828700160

フォローアップなど

ask-sdkからDynamoDBを触る場合のIAMポリシー

ざっとSDKのソースを読み限り、以下のアクションをLambdaに許可してやれば大丈夫そうです。

  • GetItem
  • PutItem
  • CreateTable

最後のCreateTable.withAutoCreate(true)を使っていなければいらないかもしれません。

Node.jsのバージョンに要注意

サンプルコードやサンプルスキルでDynamoDBを使っている場合、十中八九async / awaitを利用しています。これが利用できるAWS LambdaでのNode.jsのバージョンは8.10です。なので6.10やそれ以前でスキルを開発されている方は、Nodeのバージョンを変えるかPromiseで書き換えるようにしましょう。

ask newで作成し、ask deployでデプロイした場合、ask-cliのバージョンが1.4.1以降であればデフォルトでNodeのバージョンが8.10です。

[PR] Get Amazon Echo

この記事を書いた人

hideokamoto

Alexaをはじめる

買い物やリマインダーなど、基本機能に触れてみよう

Alexaをカスタムしてみる

Blueprintやスキルなど、DIYでAlexaを自分向けにカスタムしてみましょう